> レシピトップページ > 中国・四国地方の郷土料理レシピ一覧 > 愛媛県の郷土料理(選定料理)じゃこ天

関連企画

郷土料理百選トップページ

郷土料理百選
冊子配布/タペストリ貸出について

第3回 日本全国こども郷土料理サミット

日本全国こども郷土料理サミット

新着レシピ

ご意見・ご要望


広告



愛媛県の郷土料理(選定料理)じゃこ天

- 殿様が作らせた郷土料理?! -

じゃこ天そば

 農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた愛媛県の郷土料理。

 愛媛県の港に揚がる新鮮な小魚を骨ごと皮付きのまま、すり身にして形を整え、そのまま油で揚げます。

 1615年に、宇和島藩の初代藩主の伊達秀宗が仙台から職人を呼び寄せて、かまぼこを作らせたのがはじまりだと伝わります。

 愛媛県では魚のすり身を揚げたものを「天ぷら」と呼んでいたことから、はじめは雑魚天(ざこてん)と名付けられ、それがいつからか「じゃこてん」と呼ばれるようになりました。地域によっては「じゃこてんぷら」や「皮てんぷら」、「天ぷら」と呼ばれます。

 県内には販売店が多く、店毎の特徴を「食べ歩き」で楽しむ観光客も多いです。おやつとして大人気です。


じゃこ天そばのレシピ

 分量:1人前
印刷用ページ
じゃこ天1枚
そば100g
ねぎ適量
じゅんさい適量
長芋適量
[そばつゆ]
合わせ出汁300cc

(かつお・昆布)
小さじ1/2
薄口しょうゆ大さじ1
みりん適量
1.
じゃこ天を用意します。骨入り、骨無し、お好みのものをご使用ください。
2.
材料内[そばつゆ]を用いて、そばつゆを作ります。
3.
1のじゃこ天を170℃の油で揚げます。油に入れ、きつね色で浮いてきたら裏返します。裏側にも色が付き膨らんできたら、油から取り出します。
4.
そばを既定の時間で茹でたら、2のつゆと共に丼に入れ、3のじゃこ天をのせます。最後にしらがねぎを添え、いただきます。お好みでじゅんさいや、すりおろした長芋を入れるとアクセントになり、より美味しく召し上がれます。

※調理のコツ
既に揚げられたじゃこ天を使用する場合は、オーブントースターで数十秒温めてください。
調理のコツ
そばは茹でたて、じゃこ天は揚げたて。二品の仕上がりを同時にするとより美味しく召し上がれます。じゃこ天は「しゃりしゃり」とした本場の食感が味わえる骨入りを用いるのが良いでしょう。そばの代わりにうどんで作っても合いますし、長芋の代わりに大根おろし、じゅんさいの代わりになめこを用いても美味しく召し上がれると思います。お酒は純米酒が温、冷ともに合うでしょう!
二代目 魚屋町 市川

レシピ協力“二代目 魚屋町

二代目 魚屋町

瀬戸内の漁師から届けられるのは、玄界 来島海峡の荒波でもまれ、身の引き締まった魚たち。

大正時代の一軒家をそのまま改装された空間は、故郷を感じさせるつくり。

瀬戸内海の塩水を使い一気に蒸しあげられる浜蒸しなどをはじめ、朝獲れの天然魚を用いた豪快な漁師料理を楽しめるお店。


来島海峡の天然魚

二代目 魚屋町

東京都港区芝5-24-12

最寄り駅:

JR山手線 田町駅 4分

都営浅草線 三田駅 3分

都営三田線 三田駅 3分

電話番号: 03-6435-0477

営業時間: 11:30~14:00 17:00~24:00

平均予算: 3,000円

定休日: 日曜日


愛媛県の料理をもっと見る

おすすめピックアップ


パーティ料理

早うま料理

チャレンジ料理

ご飯物の料理

ご当地料理
各アイコンをクリックすると該当する郷土料理一覧がご覧頂けます。
(選定料理)じゃこ天はパーティ料理です。




運営・企画 ロケーションリサーチ株式会社 TEL:03-5244-9484

郷土食文化を伝える料理店、食品会社、宿泊施設の皆様へ
掲載のご案内(PDFファイル 2.4MB)

Copyright(c) 2008 Rural Development Planning Commission All Rights Reserved.