> レシピトップページ > 中部地方の郷土料理レシピ一覧 > 福井県の郷土料理(選定料理)さばのへしこ

関連企画

郷土料理百選トップページ

郷土料理百選
冊子配布/タペストリ貸出について

第3回 日本全国こども郷土料理サミット

日本全国こども郷土料理サミット

新着レシピ

ご意見・ご要望


広告



福井県の郷土料理(選定料理)さばのへしこ

- 江戸時代から伝わる保存食、数ヶ月以上かけて作られる -

さばのへしこ茶漬け

 農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた福井県の郷土料理。

 塩漬けにしたサバをぬかに漬け込んだ福井県若狭地方の伝統料理です。

 完成までに短くとも数ヶ月以上かかり、冬場の保存食として伝えられてきました。「へしこ」とは、魚を塩漬けにした後にぬか漬けにすることをさします。漬け込むことを若狭地方の方言で「へしこむ」といい、これがなまって、もしくは略されてその名が付いたとされています。サバをはじめ、イワシやニシン、フグなどで作る「へしこ」は江戸時代中頃が起源といわれています。

 現在ではお茶づけや焼き物、パスタ、酒の肴としてなど様々な形で食べられています。


さばのへしこ茶漬けのレシピ

 分量:2人前
印刷用ページ
さばのへしこ1尾
ご飯適量
長ねぎの小口切り適量
刻み海苔適量
わさび適量
【A】
360cc
本だしの素10g
30cc
薄口しょうゆ15cc
少々
1.
2.
【A】の調味料を鍋に入れ加熱し、だし汁を作る。
3.
さばのへしこを5mm程度の薄切りにする。
3.
2をガスで軽く炙る。
4.
白米を器に盛り付け、3をのせる。
6.
1を回しかけ、長ねぎなどの薬味と刻み海苔をのせて完成。
調理のコツ
さばのへしこは軽く炙ることで、香りを出します。グリルでも加熱できます。 へしこは塩気が強いので、薄めのだし汁にすると美味しくいただけます。
店長 小林裕介

レシピ協力“日本海北陸荒波鮮魚 晴れる家 銀座本店

日本海北陸荒波鮮魚 晴れる家 銀座本店

さばのへしこや越前そばなど福井県の郷土料理を提供している、都内でも希少なお店です。

北陸からの鮮魚はもちろん、旬の時期にはこだわりの越前蟹も食べることができます。

福井のお酒も充実していて、隠れ家的な大人の雰囲気のあるお店です。


日本海北陸で水揚げされ鮮魚を中心に美味しい魚がたくさん!

日本海北陸荒波鮮魚 晴れる家 銀座本店

〒104-0061 東京都中央区銀座4-9-15 銀座吉岡屋ビルB1F

最寄り駅:

JR山手線 有楽町駅 6分

東京メトロ銀座線 銀座駅 2分

東京メトロ日比谷線 東銀座駅 1分

電話番号: 03-6264-0861

営業時間: 月~土
ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)
ディナー 17:30~23:00(L.O.22:30)

平均予算: 5000円(ランチ1000円)

定休日: 日曜日、祝日


福井県の料理をもっと見る





運営・企画 ロケーションリサーチ株式会社 TEL:03-5244-9484

郷土食文化を伝える料理店、食品会社、宿泊施設の皆様へ
掲載のご案内(PDFファイル 2.4MB)

Copyright(c) 2008 Rural Development Planning Commission All Rights Reserved.