> レシピトップページ > 中部地方の郷土料理レシピ一覧 > 富山県の郷土料理(選定料理)ぶり大根

関連企画

郷土料理百選トップページ

郷土料理百選
冊子配布/タペストリ貸出について

第3回 日本全国こども郷土料理サミット

日本全国こども郷土料理サミット

新着レシピ

ご意見・ご要望


広告



富山県の郷土料理(選定料理)ぶり大根

- 出世魚「ブリ」を使う郷土料理は縁起がいい? -

ぶり大根

 農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた富山県の郷土料理。

 ブリとダイコンをしょうゆや砂糖、だし汁などで甘辛く煮る料理です。

 ブリは成長に伴って何度も名を変えることから、縁起のいい出世魚といわれています。富山湾では良質なブリが多くとれることから、照り焼きやブリのあんじゃなます(ブリを使ったなます)など、沢山のブリ料理が生まれ愛されてきました。

 富山県の一部の地域では、娘の健康と娘婿の出世を祈願し、娘が結婚した年の暮れに、嫁ぎ先にブリを贈る風習があります。お祝いの席でよく食されるぶり大根は、冬に旬を迎える郷土料理として知られ、今では全国各地でよく食べられています。


ぶり大根のレシピ

 分量:4人前
印刷用ページ
大根1本
ブリのあら約600g
大さじ1
白髪ねぎ適量
しょうゆ大さじ5
砂糖大さじ2
みりん大さじ3
大さじ3
しょうが適量
昆布1枚
適量
1.
大根はたわしでよく洗ってから4~5cm長さに切り、皮をくるりとむき、そのあと1cm厚さの輪切りにする。輪切りにした大根は、面取りをし、形崩れしないようにする。面取りしたら、味がしみ込むように隠し包丁を入れる。
2.
ぶりのアラは食べやすい大きさに切る。頭は縦2つに切ってからほぼ四角になるように切り、さっと水洗いをして表面の血を落とし、盆ざるに並べて全体に塩をふり、15~20分ほどおく。
3.
たっぷりの熱湯にアラを入れ、表面が白く変わる程度にさっと茹で、手早く冷水にとって冷ます。その後、指先で血のかたまりやウロコの残りなどを洗い落とし、ざるに上げて水気をきる。
4.
大きめの鍋に平らに大根を敷き入れ、その上にアラを並べ、しょうゆ、砂糖、みりんと酒を入れる。材料が水をかぶるくらいまで水を入れ、強火にかける。
5.
煮立ったら中火弱にして、浮いてくるアクをとり、時折煮汁をすくいかけながら1時間くらい煮る。煮汁が少なくなってきたら、鍋を傾けて煮汁をすくい回しかけ、煮汁が鍋底に1cmくらい残る程度で火を止める。
6.
煮汁をかけ、白髪ねぎを天盛りにして出来あがり。

レシピ協力“魚可祝

魚可祝

漁港直送の鮮魚と国産野菜を楽しめます。

旬の魚と豊富な酒菜に美味な酒。

日本の”旬”素材を楽しめるお店。

国産食材を積極的に使っている証の、緑提灯がお店の目印です。


魚河岸料理と炭火焼き

魚可祝

東京都品川区南大井6-27-1 浅野ビル2F

最寄り駅:

JR京浜東北線 大森駅 3分

京急本線 大森海岸駅 10分

電話番号: 03-3767-0548

営業時間: ランチ 11:30~14:00|夕食 17:00~23:30

平均予算: 3,500円

定休日: なし


富山県の料理をもっと見る

おすすめピックアップ


チャレンジ料理

早うま料理

パーティ料理

ご飯物の料理

ご当地料理
各アイコンをクリックすると該当する郷土料理一覧がご覧頂けます。
(選定料理)ぶり大根はチャレンジ料理です。




運営・企画 ロケーションリサーチ株式会社 TEL:03-5244-9484

郷土食文化を伝える料理店、食品会社、宿泊施設の皆様へ
掲載のご案内(PDFファイル 2.4MB)

Copyright(c) 2008 Rural Development Planning Commission All Rights Reserved.