> レシピトップページ > 関東地方の郷土料理レシピ一覧 > 茨城県の郷土料理(選定料理)あんこう料理

関連企画

郷土料理百選トップページ

郷土料理百選
冊子配布/タペストリ貸出について

第3回 日本全国こども郷土料理サミット

日本全国こども郷土料理サミット

新着レシピ

ご意見・ご要望


広告



茨城県の郷土料理(選定料理)あんこう料理

- 「西のふぐに、東のあんこう」茨城県、冬の味覚 -

あんこう鍋

 農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた茨城県の郷土料理。

 茨城県沖ではあんこう漁が盛んで、あんこう鍋、あん肝、どぶ汁、唐揚げ、供酢和えなど様々な形の料理が存在します。

 あんこうの身、肝、胃、卵巣、皮、ひれ、えらの部位は「あんこうの七つ道具」と呼ばれ、骨以外はすべて食べることができ、部位により様々な食感を楽しめます。ヌルヌルしており体が大きいため、まな板でさばきづらいあんこうは、つるして回しながらさばく「つるし切り」で調理されます。

 現在も肌寒い季節となると、魚屋や飲食店にあんこうが並び、様々な調理法によって楽しまれています。


あんこう鍋のレシピ

 分量:2~4人前
印刷用ページ
あんこうの身400g
あん肝100g
白菜4枚
春菊2束
長ねぎ1本
えのき200g
しいたけ4個
白滝150g
木綿豆腐1/2丁
味噌300g
1.
材料の下準備をする。
あんこうの身を湯通しして霜降りにし、あん肝は蒸しておく。
白菜、春菊をひと口大に切り、長ねぎは斜め切りにする。
しいたけを飾り切りにし、えのきは石突を落して、木綿豆腐を4等分にする。
2.
蒸したあん肝をすり鉢に入れ、滑らかになるまですりつぶし、裏ごしをして味噌と合わせて、みそ肝を作る。
3.
鍋に1の野菜と木綿豆腐、あんこうの身、白滝を盛り付け、中央にみそ肝をのせて火にかける。
野菜から水分が出で来るが、お好みで酒を加えてもよい。
あんこうに火が通ったらとろ火にし、肝をスープに溶かして出来上がり。
4.
調理のコツ
あんこうを湯通しすることで臭みがなくなり、煮込んだ時のアクも出にくくなります。 水を使わない“どぶ汁”で頂くのが本場のあんこう鍋ですが、お好みで酒を加えても◎ 〆は是非とも雑炊で!濃厚などぶ汁のスープとの相性は抜群!! →ごはん、卵(1~2個) 今回のレシピの野菜の他に、セリもおすすめですよ。
なまこ屋 店主 芳沢久

レシピ協力“あじぐら なまこ屋

あじぐら なまこ屋

神田駅西口3分のところに店を構える昭和50年創業の老舗料理店。

趣のある入口をぬけると、店主がやさしく迎えてくれます。

運が良ければ見られるあんこうの吊るし切りは見もの!

『大名屋敷』で有名な“なまこ壁”が印象的な落ち着いた店内では、分厚く贅沢なあん肝をはじめ本場“どぶ汁”仕立てのあんこう鍋など、店主こだわりの料理の数々を楽しむことができます。


神田の老舗で楽しむ日本の味

あじぐら なまこ屋

東京都 千代田区 内神田3-5-5 大同ビル1階

JR山手線 神田駅 3分

東京メトロ銀座線 神田駅 4分

電話番号: 03-3256-7098

営業時間: 17:00~23:00(L.O.22:30)

平均予算: 5,000円

定休日: 日・祝


茨城県の料理をもっと見る





運営・企画 ロケーションリサーチ株式会社 TEL:03-5244-9484

郷土食文化を伝える料理店、食品会社、宿泊施設の皆様へ
掲載のご案内(PDFファイル 2.4MB)

Copyright(c) 2008 Rural Development Planning Commission All Rights Reserved.