> レシピトップページ > 北海道・東北地方の郷土料理レシピ一覧 > 青森県の郷土料理(選定料理)せんべい汁

関連企画

郷土料理百選トップページ

郷土料理百選
冊子配布/タペストリ貸出について

第3回 日本全国こども郷土料理サミット

日本全国こども郷土料理サミット

新着レシピ

ご意見・ご要望


広告



青森県の郷土料理(選定料理)せんべい汁

- モチモチとした食感がたまらない。鍋のうまみがせんべいに凝縮 -

地鶏で作るせんべい汁

 農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた青森県の郷土料理。

 鶏肉などでだしを取ったスープにごぼうやにんじん、きのこなどの旬の食材を入れ、しょうゆで煮立てたものに南部せんべいを割り入れた鍋料理。せんべいは鍋専用の溶けにくいものを用います。だしの色とうまみがたっぷりと染み入った南部煎餅の麸のような食感と歯ごたえが人気。

 発祥は諸説様々ですが、江戸時代から作られているものだといわれます。

 現在では料理用の南部せんべいをすき焼きなどの鍋料理に用いる事もあり、幅広い食べ方で愛され続けているようです。


地鶏で作るせんべい汁のレシピ

 分量:4人前
印刷用ページ
地鶏もも肉200g
にんじん1/2本
ごぼう1本
舞茸150g
白たき150g
キャベツ4枚
長ねぎ1 1/2本
せんべい汁用のせんべい4~6枚
800cc
菜種油大さじ1
(サラダ油でも代用可)
調理酒100cc
煮干し出汁200cc
(かつお出汁でも代用可)
しょうゆ大さじ1~2
大さじ1
1.
にんじんとごぼうを笹がきにする。しらたきを約3cm幅に切る。舞茸は、じくを落として手でさく。地鶏もも肉を約1.5cm幅に切る。
2.
にんじんとごぼう、しらたき、舞茸と地鶏もも肉を、菜種油で強火で炒める。全体的に火が通ったら水を入れて強火で煮る。あくを取った後、煮干し出汁を入れ、煮立ってから調理酒を入れる。
3.
煮立った後、しょうゆ(色が付く程度)と塩を入れ、手でちぎったキャベツと約1/4に割ったせんべいを入れ中火で煮る。
4.
沸騰したら火をとめる。斜め切りにした長ねぎを入れ弱火で煮て、長ねぎに火が通ったら完成。
調理のコツ
せんべい汁は八戸における昔からの郷土料理です。私が子供の頃は、大きな鉄鍋が食卓に置かれ、家族みんなで取り分けて食べました。優しい味なので、夜食にもお薦め。地元八戸でせんべい汁を作る時、煮干し出汁を使うことが多いです。また、2の手順で材料を炒める際、菜種油を使うと味に深みがでます。煮干し出汁と菜種油を使って作るせんべい汁に、是非チャレンジしてみて下さい。
八戸郷土料理 いちい 女将 藤井

レシピ協力“八戸郷土料理 いちい

八戸郷土料理 いちい

八戸の魅力を教えてくれる郷土料理店【いちい】は、新橋にて昭和58年に開店。

焼きうにやオイラン鰈、ねぶた漬。八戸の食材と郷土料理を地酒で楽しみながら、八戸出身のオーナーとの会話もすすむ郷土料理店です。


昭和58年開店の八戸郷土料理店

八戸郷土料理 いちい

東京都港区西新橋1-10-5

最寄り駅:

都営三田線 内幸町駅 3分

東京メトロ銀座線 虎ノ門駅 5分

電話番号: 03-3508-9795

営業時間: 17:00~23:00

平均予算: 3,500

定休日: 土・日・祝 


青森県の料理をもっと見る

おすすめピックアップ


早うま料理

チャレンジ料理

パーティ料理

ご飯物の料理

ご当地料理
各アイコンをクリックすると該当する郷土料理一覧がご覧頂けます。
(選定料理)せんべい汁は早うま料理です。




運営・企画 ロケーションリサーチ株式会社 TEL:03-5244-9484

郷土食文化を伝える料理店、食品会社、宿泊施設の皆様へ
掲載のご案内(PDFファイル 2.4MB)

Copyright(c) 2008 Rural Development Planning Commission All Rights Reserved.