> レシピトップページ > 関東地方の郷土料理レシピ一覧 > 茨城県の郷土料理(選定料理)そぼろ納豆

関連企画

郷土料理百選トップページ

郷土料理百選
冊子配布/タペストリ貸出について

第3回 日本全国こども郷土料理サミット

日本全国こども郷土料理サミット

新着レシピ

ご意見・ご要望


広告



茨城県の郷土料理(選定料理)そぼろ納豆

- 幅広く使える伝統的なおかず -

そぼろ納豆

 農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた茨城県の郷土料理。

 納豆と切り干し大根をあわせて、しょうゆなどに漬けこんだ水戸の伝統的なおかずです。

 江戸時代、台風が来る前に収穫できる早生(わせ)大豆作りが水戸で進められました。早く収穫される小粒の大豆をおいしく食べる工夫として、納豆作りが盛んになりました。水戸の納豆が全国的に有名になったのは明治以降、鉄道(水戸線)の開通に伴い土産品として売られたのがきっかけでした。

 現在ではご飯のお供として、お茶漬けの具に、お酒の肴としてなどいろいろな方法で食べられている水戸の伝統的なおかずです。


そぼろ納豆のレシピ

 分量:4人前
印刷用ページ
水戸納豆3パック

(120~150g)
切干大根160g
少々
しょうゆまたは納豆のタレ少々
1.
切干大根をよく水洗いした後に水を切り、塩ひとつまみとともに塩漬けにする。

2.
納豆をかきまぜたものに水を切った1の切干大根を加え、よく混ぜ合わせる。
しょうゆまたは納豆のタレを少々入れて、味を調える。

調理のコツ
そぼろ納豆は、納豆と切干大根が相まって歯ごたえが良いのが特徴。水戸地方に昔から伝わる納豆の保存食です。秋に収穫した大豆で納豆を作り、近所やお寺等に配る際、余った納豆を長い間食べられるように工夫をこらした料理です。素朴な味わいが故郷を思い起こします。切干大根の水を切る際は、漬物用の器具でよく絞るとよいです。
笹沼五郎商店 代表 笹沼

レシピ協力“笹沼五郎商店

笹沼五郎商店

そぼろ納豆は、納豆と切り干し大根が相まって歯ごたえが良いのが特徴。水戸地方に昔から伝わる納豆の保存食です。

秋に収穫した大豆で納豆を作り、近所やお寺等に配る際、余った納豆を長い間食べられるように工夫をこらした料理です。

素朴な味わいが故郷を思い起こします。


そぼろ納豆

笹沼五郎商店

茨城県水戸市三の丸3-4-30

最寄り駅:

JR常磐線 水戸駅 5分

電話番号: 029-225-2121

平均予算: 1000円

定休日: 無休


茨城県の料理をもっと見る

おすすめピックアップ


早うま料理

チャレンジ料理

パーティ料理

ご飯物の料理

ご当地料理
各アイコンをクリックすると該当する郷土料理一覧がご覧頂けます。
(選定料理)そぼろ納豆は早うま料理です。




運営・企画 ロケーションリサーチ株式会社 TEL:03-5244-9484

郷土食文化を伝える料理店、食品会社、宿泊施設の皆様へ
掲載のご案内(PDFファイル 2.4MB)

Copyright(c) 2008 Rural Development Planning Commission All Rights Reserved.