> レシピトップページ > 北海道・東北地方の郷土料理レシピ一覧 > 岩手県の郷土料理(選定料理)盛岡じゃじゃ麺

関連企画

郷土料理百選トップページ

郷土料理百選
冊子配布/タペストリ貸出について

第3回 日本全国こども郷土料理サミット

日本全国こども郷土料理サミット

新着レシピ

ご意見・ご要望


広告



岩手県の郷土料理(選定料理)盛岡じゃじゃ麺

- 中国うまれの盛岡育ち、甘辛い肉味噌が特徴 -

盛岡じゃじゃ麺

 農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた岩手県の御当地人気料理。

 平たいうどんの上に炒めた肉味噌と刻んだ長ねぎ、きゅうりなどをのせ、おろし生姜や酢、ラー油などを加えて食べます。

 中国の東北部(旧満州)の家庭料理、炸醤麺(ジャージャー麺)を参考に盛岡市内の屋台が考案したとされ、日本向けのアレンジが繰り返され、現在の盛岡じゃじゃ麺に至ります。

 麺を食べ終えた後、器に残った味噌に麺の茹で汁と生卵を入れて混ぜあわせた鶏蛋湯(チータンタン)を味わうのが人気です。


盛岡じゃじゃ麺のレシピ

 分量:1人前
印刷用ページ
うどんまたは冷麺約160g
ひとつまみ
[A]
だし入り味噌50g
八丁味噌25g
鶏ひき肉50g
長ねぎ1/4本
玉ねぎ
(中くらいの大きさ)
1/4個
砂糖75g
練り胡麻5g
大さじ1
みりん大さじ1
ごま油大さじ2
おろし生姜5g
おろしにんにく5g
[B]
長ねぎ5cm
きゅうり5cm
しその葉適量
水菜適量
もやし適量
煎り胡麻適量
刻み海苔適量
鶏蛋湯用の生玉子1個
1.
<肉味噌の準備 1>
材料内[A]の玉ねぎと長ねぎはみじん切りにする。
熱したフライパンにごま油大さじ1を入れ、みじん切りにした玉ねぎと長ねぎをしんなりなるまで炒める。
2.
<肉味噌の準備 2>
材料内[A]のみりん、酒、鶏ひき肉を鍋に入れ、中火でよくほぐす。火が通ったら砂糖、1で炒めたものを入れ、弱火でまぜる。まざったら練り胡麻、おろし生姜、おろしにんにく、だし入り味噌、八丁味噌を入れる。まぜながらさらに弱火で煮る。表面がフツフツとしてきたら、ごま油大さじ1を回しかけ、火を止めて常温で冷ます。
3.
<トッピングの準備>
材料内[B]のきゅうり、しその葉、水菜を約5cm幅で切る。長ねぎはしらがねぎにし水にさらす。
4.
鍋に水をたっぷりと張り、ひとつまみの塩を入れてお湯を沸かす。同時に氷水を準備しておく。茹でた麺を氷水の中に入れ冷ましたら、水気を切ってお皿に盛る。もやしを先のお湯で茹でて、同じく氷水の中に入れて冷まし水気を切って麺の上にのせる。
※麺はうどんでも冷麺でもあいます。
5.
4の上に2で作った肉味噌をのせる。
その上に、3で準備したトッピングを散らす。さらに煎り胡麻、刻み海苔を散らして出来上がり。

食べ終わった後の器に生玉子と余った肉味噌を入れ、麺の茹で汁を入れてかきまぜ、〆のスープ「鶏蛋湯(チータンタン)」でいただくのが盛岡流。
調理のコツ
肉味噌の中に蜂蜜やすり胡麻等を入れたり、トッピングとしてゆずの皮等を散らしたりすると、一層美味しさが増しますので、アレンジしていただいても楽しいと思います。お好みでラー油をかけても美味しいですよ。温かくして召し上がりたい時は、茹でた麺をそのままお皿に盛り、レンジ等で軽く温めたお味噌をかけて、トッピングをのせてお召し上がり下さい。豪快にまぜまぜしてどうぞ!
ここから屋 店主 久保田

レシピ協力“ここから屋

ここから屋

日本に生まれ育った『人』『物』『技』を遠い昔から振り返り改めて「大切にしたい」「守りたい」「伝えたい」。

東京は三軒茶屋にある【ここから屋】には、多くのこだわりが詰め込まれている。そんなこだわりに魅せられた多くのお客さんからの色紙が、ところせましと店内に並ぶ。こだわりの郷土食材と郷土料理の数々を是非。


健康的郷土和食 日本の飲み事食べ事処

ここから屋

東京都世田谷区太子堂5-28-9 ジェイアインビル1F

最寄り駅:

東急田園都市線 三軒茶屋駅 6分

東急世田谷線 三軒茶屋駅 6分

電話番号: 03-3421-8676

営業時間: 18:00~24:00(L.O.23:00)

平均予算: 3,500円

定休日: 月


岩手県の料理をもっと見る

おすすめピックアップ


早うま料理

ご当地料理

チャレンジ料理

パーティ料理

ご飯物の料理
各アイコンをクリックすると該当する郷土料理一覧がご覧頂けます。
(選定料理)盛岡じゃじゃ麺は早うま料理ご当地料理です。




運営・企画 ロケーションリサーチ株式会社 TEL:03-5244-9484

郷土食文化を伝える料理店、食品会社、宿泊施設の皆様へ
掲載のご案内(PDFファイル 2.4MB)

Copyright(c) 2008 Rural Development Planning Commission All Rights Reserved.