> レシピトップページ > 近畿地方の郷土料理レシピ一覧 > 和歌山県の郷土料理(選定料理)鯨の竜田揚げ

関連企画

郷土料理百選トップページ

郷土料理百選
冊子配布/タペストリ貸出について

第3回 日本全国こども郷土料理サミット

日本全国こども郷土料理サミット

新着レシピ

ご意見・ご要望


広告



和歌山県の郷土料理(選定料理)鯨の竜田揚げ

- 給食の定番メニューのルーツは1000年以上も前? -

鯨の竜田揚げ

 農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた和歌山県の郷土料理。

 ひと口大に切った鯨に下味をつけ、片栗粉をまぶして油で揚げる料理です。

 戦後、貴重なタンパク源として、日本の食卓を支えた鯨料理の代表的なメニューです。日本における本格的な捕鯨の起源は、江戸時代の和歌山県太地町(たいじちょう)とされますが、奈良時代の文献に鯨肉贈答の記述があることから、鯨を食べる習慣はより古くからあったといわれています。

 現在でも「鯨の竜田揚げ」が学校給食で出されるなど、鯨の食文化は脈々と受け継がれています。


鯨の竜田揚げのレシピ

 分量:4人前
印刷用ページ
鯨赤身320g
おろし生姜20g
おろしにんにく10g
片栗粉適量
[A]
みりん30cc
30cc
しょうゆ60cc
少々
ブラックペッパー少々
[付け合わせ]
サニーレタス適量
水菜適量
トレビス適量
ドレッシング適量
トマト2/10個
レモン1/8個
1.
鯨赤身を、ひと口大に切る。
※鯨を切る前と後に、キッチンペーパーでよく血をふき取ると、より美味しくいただけます。
2.
ボウルに鯨、材料内[A]、おろし生姜、おろしにんにくを入れ、よくまぜあわせる。その後冷蔵庫で30分以上寝かせる。
3.
ひと切れずつ片栗粉をまぶして、180℃の油でカリッと揚げる。
4.
3で揚げた鯨肉と、付けあわせのサラダとレモンを添えて完成。
調理のコツ
片栗粉をまぶしてから、すぐに揚げるのがカラッと揚げるコツ!材料内の[調味料]に大根おろしやすりおろしたりんごを入れると、また違った味わいを楽しめますよ。鯨の肉は高タンパク、低脂肪、低カロリーで体に優しいヘルシーな食材です。ぜひお試しください!
和歌山県郷土料理に詳しい丸山さん
和歌山県の料理をもっと見る

おすすめピックアップ


チャレンジ料理

早うま料理

パーティ料理

ご飯物の料理

ご当地料理
各アイコンをクリックすると該当する郷土料理一覧がご覧頂けます。
(選定料理)鯨の竜田揚げはチャレンジ料理です。




運営・企画 ロケーションリサーチ株式会社 TEL:03-5244-9484

郷土食文化を伝える料理店、食品会社、宿泊施設の皆様へ
掲載のご案内(PDFファイル 2.4MB)

Copyright(c) 2008 Rural Development Planning Commission All Rights Reserved.