> レシピトップページ > 中部地方の郷土料理レシピ一覧 > 愛知県の郷土料理(選定料理)ひつまぶし

関連企画

郷土料理百選トップページ

郷土料理百選
冊子配布/タペストリ貸出について

第3回 日本全国こども郷土料理サミット

日本全国こども郷土料理サミット

新着レシピ

ご意見・ご要望


広告



愛知県の郷土料理(選定料理)ひつまぶし

- そのままで、薬味を添えて、お茶漬けで。三つの味を楽しめる -

ひつまぶし

農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた愛知県の郷土料理。

 蒸さずにそのまま焼き上げたうなぎの蒲焼を、細かく刻んでご飯にのせる料理です。

 その発祥は、うなぎ屋がうなぎの切れ端を活用したまかないとして作ったという説が一般的です。

 最初はそのまま食べます。次に薬味(ねぎ、刻みのり、わさびなど)をのせて食べます。最後に薬味をのせて、お茶やだしをかけて食べます。愛知県では西尾市一色町を中心にうなぎの養殖業が盛んで、全国有数の生産量を誇ります。うなぎを様々な味で楽しめる「ひつまぶし」は、今や日本各地で愛されています。


ひつまぶしのレシピ

 分量:4人前
印刷用ページ
1合
うなぎのかば焼き1尾
うなぎのタレ適量
だし汁360ml
あさつき適量
わさび適量
山椒適量
1.
米をとぎご飯を炊いたら、おひつに取り分ける。
うなぎは、皮目を上にしてオーブンで焼き、あさつきを小口切りにし、わさびも用意する。
だし汁は火にかけ温めたら、急須に移す。
2.
1のうなぎを皮目は下にして、ほそく細かく切る。
3.
ご飯の上に2のうなぎを盛り付け、タレをかける。
4.
【食べ方】
ますは、よく混ぜてそのままいただく。
次は、あさつき、わさび、山椒の薬味を加えて。
最後は、アツアツのだし汁を注いでお茶漬けにしていただく。
調理のコツ
ひつまぶしは、店でも人気メニューのひとつ。土用の丑の日には、ほとんどのお客様が注文されますが、“まかない料理として食べられていた”など諸説いわれのある料理です。美味しく作るポイントは、「うなぎを皮目を上にすること(=皮がパリパリになりますよ)」「細かく切ること(=ご飯と混ざりやすくなります)」。タレは市販のもので十分美味しくいただけます。まずはそのまま、次に薬味を入れて、最後は出汁を加えて・・・食べ方次第で、味の変化を楽しめる料理です。 ※今回は“お酒を飲みながら”ということで3人分としていますが、飲まれない方は1人前として作って下さいね。
新橋 なもバー料理長 山本

レシピ協力“新橋 なもバー

新橋 なもバー

裏路地たたずむ隠れ家のようなお店。スタッフは女性のみ。

大人の雰囲気漂うBarでありながら、本場名古屋の味が楽しめ、美味しいお酒片手に静かなゆったりとした時間を過ごしたい方にお勧めです。

東京で名古屋の味が恋しくなたっら足を運んで、お酒に食事に舌鼓したい。


東京の隠れ家で名古屋飯

新橋 なもバー

東京都港区新橋1-7-11 橋善ビルB1

最寄り駅:

JR山手線 新橋駅 5分

都営大江戸線 汐留駅 5分

電話番号: 03-5537-1333

営業時間: 18時~4時

平均予算: ¥4,500~¥5,000

定休日: 土曜日、日曜日、祝日、年末年始


愛知県の料理をもっと見る





運営・企画 ロケーションリサーチ株式会社 TEL:03-5244-9484

郷土食文化を伝える料理店、食品会社、宿泊施設の皆様へ
掲載のご案内(PDFファイル 2.4MB)

Copyright(c) 2008 Rural Development Planning Commission All Rights Reserved.