> レシピトップページ > 関東地方の郷土料理レシピ一覧 > 東京都の郷土料理(選定料理)深川丼

関連企画

郷土料理百選トップページ

郷土料理百選
冊子配布/タペストリ貸出について

第3回 日本全国こども郷土料理サミット

日本全国こども郷土料理サミット

新着レシピ

ご意見・ご要望


広告



東京都の郷土料理(選定料理)深川丼

- 味噌汁ぶっかけ丼。ササッと手早く栄養補給に -

深川丼

 農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた東京都の郷土料理。

 アサリやハマグリ、ねぎ、油揚げなどで作られる味噌汁をご飯の上にぶっかけて作られる「深川丼」。同じ材料で作られる炊き込みご飯「深川飯」も存在します。

 江戸時代、深川(現在の江東区)は海に面しており、貝の好漁場でした。船上で手軽に食べられる栄養補給食として、漁師が作りはじめた「深川丼」。庶民の味としても、酒や大根を加えるなど、家ごとの工夫が行われ親しまれていました。

 現在では、清澄白河や門前仲町あたりで、深川丼を提供する料理店が立ち並びます。


深川丼のレシピ

 分量:3人前
印刷用ページ
ご飯適量
(3人前)
アサリ
(剥き身)
300g
※殻つきの場合は1kgほど
600cc
きざみのり適量
[A]
白みそ30g
赤みそ140g
砂糖30g
30cc
みりん40cc
1.
長ねぎを縦半分に切り、それぞれ1.5cm幅の斜め切りにする。ボウルで材料内[A]をあわせ、ペースト状になるまでまぜる。
2.
鍋で湯を沸かし1のあわせ味噌を溶かし、軽く煮立ててアルコール分を飛ばす。
3.
2にアサリと長ねぎを入れて皿に煮立たせる。細かい泡が吹くまで強火、その後は中火に。長ねぎがしんなりしたらご飯をにかけ、きざみのりをのせて完成。
調理のコツ
殻つきのアサリを用いる場合は、水洗いし、ひと晩塩水(3%)に浸け砂抜きをしておきましょう。総量の1/10ほどの水とともに火をかけ、殻が開いたものから鍋より外し、スプーンで身を取って使用します。アクをとった煮汁は手順2で加えてください。 季節により長ねぎがかたい場合は4でアサリより先に火にかけてください。アサリは火を通しすぎるとかたくなるので気をつけましょう。 ご飯はちょっとかために炊くと、より美味しく召し上がれます。 しっかりと混ぜてから食べるのが漁師流です。
深川宿 店主 日東寺隆美

レシピ協力“深川宿本店

深川宿本店

清澄白河駅よりすぐ、清澄庭園向かいの路地を一つ入ると、下町風情の残る通りがある。

その通り沿いにあるのが深川宿(ふかがわじゅく)だ。

漁師めしを起源にもつ深川丼、江戸時代には寿司、てんぷらと並び屋台で食べることが出来たと言う。深川庶民の味である。

船上レシピを現代へ復刻。下町育ちの主人があさりと味噌にこだわり、深川丼の味を伝える続ける。


厳選あさりで味わう深川漁師めし

深川宿本店

東京都江東区三好1-6-7 深川江戸資料館前

最寄り駅:

都営大江戸線 清澄白河駅 4分

電話番号: 03-3642-7878

営業時間: 11:30~17:00

平均予算: 2,000円

定休日: 月 ※月が日祝の場合は翌火休


東京都の料理をもっと見る





運営・企画 ロケーションリサーチ株式会社 TEL:03-5244-9484

郷土食文化を伝える料理店、食品会社、宿泊施設の皆様へ
掲載のご案内(PDFファイル 2.4MB)

Copyright(c) 2008 Rural Development Planning Commission All Rights Reserved.