> レシピトップページ > 関東地方の郷土料理レシピ一覧 > 群馬県の郷土料理(選定料理)焼きまんじゅう

関連企画

郷土料理百選トップページ

郷土料理百選ラボ

郷土料理百選
冊子配布/タペストリ貸出について

第3回 日本全国こども郷土料理サミット

日本全国こども郷土料理サミット

新着レシピ

ご意見・ご要望


広告



群馬県の郷土料理(選定料理)焼きまんじゅう

- 口いっぱいにほおばった子供の頃を思い出す、群馬懐かしの味 -

焼きまんじゅう

 農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた群馬県の御当地人気料理。

 小麦粉で作るまんじゅうを串にさし、みそだれをぬって火にかけ焦げ目をつけて作ります。

 発祥は諸説ありますが、150年以上の歴史があり、養蚕業や絹織物業が盛んな群馬県で繊維関係の商工業者間の交流で広まったとされ、初市や花見、夏祭りなどの行事で必ずといっていいほど屋台にならびます。

 米麦の二毛作が盛んな群馬県には、小麦粉を使った料理がたくさんあります。

 最近では味の種類が増え、餡入りの焼きまんじゅうなども見受けられます。焼きまんじゅうの認知を目的に、平成21年に群馬県観光物産課が「焼きまんじゅうガイドブック」を作成しました。伊勢崎市で行われる、直径約50cmのまんじゅうを焼く「上州焼き饅祭(まんさい)」は冬の風物詩です。


焼きまんじゅうのレシピ

 分量:30個分 10人前
印刷用ページ
【す】
米麹 1/2カップ
ごはん 1カップ
小麦粉
(薄力粉)1/2カップ
ぬるま湯 2カップ
【皮】
小麦粉
(薄力粉) 550g
砂糖 1/2カップ
重曹 ひとつまみ
できあがった【す】250~300cc
【たれ】
赤味噌 150g
砂糖 300g
水 150g
1.
小桶に【す】の材料を入れてよく混ぜ合わせ、暖かい所に置く。
2.
30℃位で2~3昼夜ほどたつと表面が「ブツブツ」と泡立ちはじめ 「サー」という音がしてくる。泡が消え米粒が上に浮き上がってきたら、布巾でこし「す」を作る。
3.
【皮】の小麦粉と重曹をあわせてふるう。
4.
ボウルに【す】250~300cc 、3、砂糖を入れてこね合わせ、耳たぶくらいの固さにこねる。
5.
1個当たり25g~30gにちぎり、丸めて形を整え、打ち粉をした箱の上に並べてぬれ布巾をかけて発酵させる。
6.
蒸し器を温める。まんじゅうが2倍くらいにふくれ、指で押してみて弾力があるように皮がふくれてきたら、ぬれ布巾を敷いた蒸し器にまんじゅうを並べる。
7.
まんじゅうの表面がしっとりしてきたら、強火で25分蒸す。
8.
蒸し上がったら、まんじゅうの底を上にしてざるに広げ、うちわであおぎ、底を乾かす。
9.
鍋に【たれ】の材料を入れてよく混ぜ、火にかけて木じゃくしで練りながら煮詰める。泡がワッと出たところで火を止める。
10.
まんじゅうを網で焼き、焼き色が少しついたら9をつけ、さらに網でこんがりと焼いたら出来上がり。

調理のコツ
焼きまんじゅうは5月〜10月頃に作るのが最適です。たれで使う砂糖は、ざらめや黒砂糖でもおいしくいただけます。発酵の際は、菓子などに入っていた深みのある空き箱にラップを敷き、間隔をあけてまんじゅうを並べ、上にぬれ布巾をかけると作りやすいです。

レシピ協力“群馬県


群馬県


群馬県の料理をもっと見る

おすすめピックアップ


ご当地料理

早うま料理

チャレンジ料理

パーティ料理

ご飯物の料理
各アイコンをクリックすると該当する郷土料理一覧がご覧頂けます。
(選定料理)焼きまんじゅうはご当地料理です。




運営・企画 ロケーションリサーチ株式会社 TEL:03-5244-9484

郷土食文化を伝える料理店、食品会社、宿泊施設の皆様へ
掲載のご案内(PDFファイル 2.4MB)

Copyright(c) 2008 Rural Development Planning Commission All Rights Reserved.