> レシピトップページ > 北海道・東北地方の郷土料理レシピ一覧 > 山形県の郷土料理(選定料理)いも煮

関連企画

郷土料理百選トップページ

郷土料理百選
冊子配布/タペストリ貸出について

第3回 日本全国こども郷土料理サミット

日本全国こども郷土料理サミット

新着レシピ

ご意見・ご要望


広告



山形県の郷土料理(選定料理)いも煮

- 秋の伝統行事「いも煮会」 -

いも煮

 農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた山形県の郷土料理。

 里芋やこんにゃく、ねぎ、きのこ類、季節の野菜などを主な具材とした鍋料理。

 江戸時代、京都との文化交流から入ってきた料理がルーツとされます。稲刈りが終わる秋に食べごろを迎える里芋は古くから庶民の味として親しまれており、里芋を用いた収穫祭や地域交流の場として屋外で大きな鍋を囲む「芋煮会」は300年程前より行われていました。

 現在も9月の第1日曜日を「芋煮会」のはじまりの日とし、山形県の風物詩となっています。豚肉を用いる庄内風、牛肉を用いる内陸風など、地域により様々な形で受け継がれています。


いも煮のレシピ

 分量:2人前
印刷用ページ
牛ばら肉200g
里芋90g
(6個)
ねぎ35g
(1/3本)
ごぼう50g
舞茸50g
しめじ50g
しらたき80g
あさつき適量
[A]
出汁825cc
しょうゆ55cc
みりん55cc
55cc
1.
材料を揃え、出汁をとる。里芋は六方切り、ごぼうは笹がき、他はひと口大のものを用意する。
2.
鍋に材料内[A]を張り、里芋を入れる。鍋に火をかけ、出汁が沸いたら他の材料を加える。
3.
里芋に火が通ったら出来上がり。
調理のコツ
収穫祭や地域交流の場として屋外で大きな鍋を囲む「芋煮会」は、山形県冬の風物詩。現在は家庭料理として年中食されており、春は山菜、冬はきのこ類を加えてつくられます。脂がたっぷりとのった、山形牛のばら肉を用いるとより美味しく召し上がれます。
赤坂あじさい 店主 佐藤

レシピ協力“赤坂あじさい

赤坂あじさい

地下鉄赤坂駅から徒歩2分。落ち着いた個室で四季折々の味をリーズナブルに。山形出身の店主が山形から取り寄せた食材、春には月山筍(がっさんだけ)、あいこう、山うるい等で造った料理をお楽しみ頂けます。

大切なお客様のおもてなしやご宴会、ご会合はもちろん、外国の方に日本の味を知っていただくプランなどもご好評いただいております。

山形牛をふんだんに用いた芋煮セットは通販でも販売中しております。どうぞお気軽に、本物の味わいをご堪能下さい。


個室で山形を愉しむ

赤坂あじさい

東京都港区赤坂3-15-4 ネピロードビルB1F

最寄り駅:

東京メトロ千代田線 赤坂駅 2分

電話番号: 03-5570-9505

営業時間: ランチ 11:45~13:45
ディナー17:00~22:30(L.O.22:00)

平均予算: 7,000円

定休日: 日・祝


山形県の料理をもっと見る

おすすめピックアップ


早うま料理

パーティ料理

チャレンジ料理

ご飯物の料理

ご当地料理
各アイコンをクリックすると該当する郷土料理一覧がご覧頂けます。
(選定料理)いも煮は早うま料理パーティ料理です。




運営・企画 ロケーションリサーチ株式会社 TEL:03-5244-9484

郷土食文化を伝える料理店、食品会社、宿泊施設の皆様へ
掲載のご案内(PDFファイル 2.4MB)

Copyright(c) 2008 Rural Development Planning Commission All Rights Reserved.