ご挨拶

 社名はカタカナですが、私たちは日本の郷土料理をテーマにした事業を志し、4畳のレンタルオフィスから始まった会社です。郷土料理に着目したのは、創業者2名が郷土料理好きであることに加え、郷土料理は今後ますます消費者から求められると考えたからです。郷土料理には長い継承の歴史があり、先人による創意工夫の宝庫です。創業した2007年当時、産地偽装の露見、食料自給率の低さなど、食の問題が山積みでした。そのような時に、地に足ついた郷土料理を広めることに意義を感じ、ロケーションリサーチを設立しました。

 具体的な仕事内容は、郷土料理の魅力を活用した集客や販売促進を顧客に提案すること、食文化の体験機会を消費者に提案することです。顧客は官公庁、広告代理店、食品メーカー、ホテル、出版社、制作会社など多岐に渡ります。対象の消費者は、小学生、主婦、高齢者、外国人をはじめ制約はありません。

 郷土料理の仕事を始めて約10年。零細企業の私たちが300以上の事例を積み重ねることができたのは、3つの行動で得た成果があるからです。1つ、都内にある郷土料理店200店以上に足を運び、提携できたこと。2つ、農林水産省の代表電話に電話して訪問、農林水産省「郷土料理百選」の企画運営を担当できたこと。3つ、郷土料理の魅力で顧客目的を達成し、費用を頂戴するビジネスモデルを確立できたことです。携わった多くの取り組みがTV、新聞、専門誌などに取り上げられ、予想以上の広がりをみせています。

 郷土料理の魅力を取り入れることは、顧客の目的達成に加え、地域食文化の保護継承や地域活性、世界に向けての和食文化PRに繋がると確信しています。仕事や提携のご相談、ご質問など、いつでもお気軽にご連絡いただけたら幸いです。

ロケーションリサーチ株式会社 代表取締役
瀬川 雄貴
 1980年兵庫県芦屋市生まれ、東京都育ち。法政大学経済学部卒業後、データベースマーケティング支援企業の株式会社ランドスケイプに就職、法人営業に従事。インターネット広告を手掛けるバリューコマース株式会社に転職、法人営業に従事した後に、中学校の同級生とロケーションリサーチ株式会社を設立。趣味は読書、食べること、昔はテニスと野菜栽培。

E-Mail: ysegawa@location-research.co.jp
Facebook: https://www.facebook.com/yuki.segawa.35