> レシピトップページ > 中国・四国地方の郷土料理レシピ一覧 > 愛媛県の郷土料理(選定料理)じゃこ天

関連企画

郷土料理百選トップページ

郷土料理百選
冊子配布/タペストリ貸出について

第3回 日本全国こども郷土料理サミット

日本全国こども郷土料理サミット

新着レシピ

ご意見・ご要望


広告



愛媛県の郷土料理(選定料理)じゃこ天

- 殿様が作らせた郷土料理?! -

じゃこ天と白ねぎの卵とじ

 農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれた愛媛県の郷土料理。

 愛媛県の港に揚がる新鮮な小魚を骨ごと皮付きのまま、すり身にして形を整え、そのまま油で揚げます。

 1615年に、宇和島藩の初代藩主の伊達秀宗が仙台から職人を呼び寄せて、かまぼこを作らせたのがはじまりだと伝わります。

 愛媛県では魚のすり身を揚げたものを「天ぷら」と呼んでいたことから、はじめは雑魚天(ざこてん)と名付けられ、それがいつからか「じゃこてん」と呼ばれるようになりました。地域によっては「じゃこてんぷら」や「皮てんぷら」、「天ぷら」と呼ばれます。

 県内には販売店が多く、店毎の特徴を「食べ歩き」で楽しむ観光客も多いです。おやつとして大人気です。


じゃこ天と白ねぎの卵とじのレシピ

 分量:1人前
印刷用ページ
じゃこ天2枚
白ねぎ1/2本
2個
だし汁1カップ
三つ葉適量
大さじ2
みりん大さじ1
しょうゆ大さじ1
1.
材料を切る。
じゃこ天は5mm幅に切り、白ねぎは縦半分に切ってから斜め薄切り、三つ葉は2cm程度に切る。
卵はところどころ白身が残るくらいに溶きほぐしておく。
2.
鍋にだし汁を入れて火にかけ、沸騰したら酒、みりん、しょうゆで調味してじゃこ天と白ねぎをさっと煮る。
3.
溶き卵と三つ葉を加え、蓋をして蒸らして完成。

※調理のコツ
白ねぎは火を通しすぎず、シャキシャキとした歯ごたえを残すようにします。

レシピ協力“88屋

88屋

六本木駅から徒歩3分、四国各地の食を味わえる“四国味遍路”88屋。

香川出身のオーナーがメニューに並べるのは、四国ゆかりの郷土料理。

鰹の藁焼き、しまなみの鯛飯、でこまわし(田楽)や沢庵のきんぴら。そして讃岐直送の讃岐うどん。

瀬戸内海に太平洋、豊かな自然に育まれた四国四県の食を堪能できるお店。


四国味遍路

88屋

東京都港区六本木7-4-5 六本木稲垣ビル 1F

最寄り駅:

都営大江戸線 六本木駅 3分

東京メトロ日比谷線 六本木駅 3分

東京メトロ千代田線 乃木坂駅 4分

電話番号: 03-3479-5788

営業時間: 月~土 11:30~15:00(L.O.14:40) 17:30~24:00(L.O.23:00)|日・祝 11:30~22:00(L.O.21:00)

平均予算: 5,000円

定休日: 無休


愛媛県の料理をもっと見る

おすすめピックアップ


早うま料理

チャレンジ料理

パーティ料理

ご飯物の料理

ご当地料理
各アイコンをクリックすると該当する郷土料理一覧がご覧頂けます。
(選定料理)じゃこ天は早うま料理です。




運営・企画 ロケーションリサーチ株式会社 TEL:03-5244-9484

郷土食文化を伝える料理店、食品会社、宿泊施設の皆様へ
掲載のご案内(PDFファイル 2.4MB)

Copyright(c) 2008 Rural Development Planning Commission All Rights Reserved.